油圧シリンダーとロータリージョイントの株式会社南武 油圧シリンダーとロータリージョイントの株式会社南武
English 简体中文

社長メッセージ

株式会社南武は、日本で最初の油圧シリンダーメーカーとして、1955年に創業しました。以降、幾多の変遷を経て今日に至っております。金型向け油圧シリンダー及び重工業向けロータリージョイントを主力製品とし、お客様のニーズに応える形で、数々の製品を開発し、その品質に対し世界中から高い評価を頂いております。

2014年3月、上述二事業に於ける取組に対し、経済産業省からグローバルニッチトップ企業100 選認定の栄誉を賜りました。弊社の取ってきた経営方針がこの様な形で広く認識、ご評価頂けたのはこの上ない喜びです。また、2015 年5 月、羽田空港国際化による周辺宅地化等の理由により、本社を約40 年に亘り育てて頂いた大田区から、創業の地でもある横浜の工業団地に移転致しました。開発拠点かつ生産性追求拠点として、それをより強く推進できる環境となりました。

これからも、市場のボーダーレス化・グローバル化は確実に進んでいきます。残念ながら我が国日本は、人口減時代に突入しました。しかし、いざ世界に目を向けると、人口や市場がどんどん拡大している国があるのです。その時代環境の中で、弊社はこれからもグローバル体制を強化し、世界中のお客様に良質なモノとサービスを提供していくことで、世界市場の成長を取り込んでいきます。そして、“メーカー” として「モノづくり=機械製品」という発想から脱却し、製品を核としながらも提案力、アドバイス力も備えた「相談される企業」として、社員一同お客様に有用な「価値」を提供し続けて参ります。


株式会社 南武
代表取締役 野村伯英


ページのトップへ戻る