油圧シリンダーとロータリージョイントの株式会社南武 油圧シリンダーとロータリージョイントの株式会社南武
English 简体中文

沿革

明治43年12月
(1910年)
創業者、野村三郎は横浜の鉄工所の次男として生まれる。
昭和3年
(1928年)
県立神奈川工業学校機械科を卒業、三菱重工業へ入社、戦車の部品設計を担当。
昭和9年
(1934年)
陸王内燃機モーターサイクル(株)に入社、側車付軍用車の設計に従事。
昭和16年
(1941年)
川崎市にて(株)野村精機を設立、軍需工場として終戦まで経営を行う。
昭和30年
(1955年)
日本最初の油圧シリンダーメーカーとして発足。過去の技術を生かし東芝機械、IHI、三菱重工を主たる得意先として経営に成功する。
昭和38年12月
(1963年)
自社工場より出火、工場が全焼した為経営を断念し、閉塞のやむなきに至る。
昭和40年
(1965年)
(株)南武鉄工として再発足。下請け企業であることに限界を感じ、脱下請けを目指す。
昭和57年3月
(1982年)
東京都大田区に工場を建設。
平成2年10月
(1990年)
(株)南武鉄工から現在の(株)南武に社名変更。
資本金を5,800万円に増資する。
平成7年2月
(1995年)
2代目代表取締役に野村和史が就任。
 
平成12年
(2000年)
東京都大田区において第1工場~第6工場編成となる。
平成14年2月
(2002年)
タイ現地法人、NAMBU CYL(THAILAND)CO., LTD.設立。
平成18年6月
(2006年)
NAMBU CYL(THAILAND)CO., LTD.がオオタテクノパークに移転。
平成18年12月
(2006年)
浜松市北区豊岡町に浜松工場を設置。
平成19年8月
(2007年)
浜松工場が浜松市浜北区新原に移転。
平成21年4月
(2009年)
ISO9001:2008、ISO14001:2004取得。
平成21年6月
(2009年)
浜松工場に営業拠点設置。
平成22年4月
(2010年)
中国現地法人、南武油缸(常州)有限公司設立。
平成24年5月
(2012年)
NAMBU CYL(THAILAND)CO., LTD、自社工場を建設し拡張移転。
平成25年1月
(2013年)
3代目代表取締役に野村伯英が就任。 
平成26年10月
(2014年)
中国現地法人の南武油缸(常州)有限公司が自社工場を建設し拡張移転。
平成27年5月
(2015年)
本社・工場が神奈川県横浜市金沢区の自社工場へ移転。
平成29年1月
(2017年)
横浜市金沢区の本社・工場敷地内に第3工場が竣工。
平成30年5月
(2018年)
静岡県浜松市の浜松工場を自社自工場化。


ページのトップへ戻る